葛藤の中で、舵をきる方向を見極める

今私が、クライアント様に提供できるスキルは、二つあります。

一つは、シンギングボウルのセラピー。もう一つは、マインドフルネス瞑想のレッスンです。どちらも、私に豊かさをもたらせてくれた、大切なメソッドで、一人でも多くの必要とされている方に、お届けしたいと思っています。


最近のブログでは、マインドフルネス瞑想に関する記事を、アップすることが多くなりました。レッスンの回数を重ねて自信がついてきたことと、クライアントさまの「ニーズ」が分かってきたことが主な理由です。


世の中には、マインドフルネス瞑想の講座が、すでに多く存在しています。その中で、私にしかできないことは何かと考えた時、


・セラピストの視点でマインドフルネスを伝えられること

・会社員をしていた経験が長いこと


この2つが思い浮かびました。

私にとっては大した個性でもないと思っていたけれど、なによりの武器だと気がつきました。告知のタイトルや紹介文、レッスンの説明やプロフィールで、この2つをしっかり伝え「私ならでは」のレッスンであることが、きちんと伝わるように気を配り、表現を細かくチェックし直しました。


レッスンに来てくれた方の多くが、「じっくり話を聞いてもらえてリラックスできた」「先生の経験を交えて話してくれるので分かりやすい」とご感想をくださいます。少しずつ、自分の個性の活かし方が掴めてきたみたいです。ありがとうございます!


もう一つ、ずっと迷っていたことがあります。「スピリチュアル色をどこまで出すか」です。思いっきり、スピリチュアルに寄った方が、興味を持ってくださる方が増えるのではないか?逆に、間口を狭めてしまって、男性ビジネスマンや、スピリチュアルに興味がない方に、来てもらえなくなるのではないか?


度々この葛藤が私の中で出てきます。


屋号を「inner temple」とつける時も、最後まで葛藤がありました。ちょっと魔術的な表現だし、templeから連想するイメージを心配しました。


でも、私の活動テーマにぴったりで、字面も音も可愛いし、何よりとても気に入っています。


マインドフルネスは、ビジネスシーンでの広がりが加速していて、必要としているどんな方にでも、私がお伝えできることを全てお渡ししたいと思っているので、間口はできる限り大きくしておきたい、というのが私の本音です。


結論、どちらかに決める必要はないし、私の中にある要素は全て活かしてハイブリッドに、私しかできないこと、私がやりたいこと、を思いっきりやってみることにしました!2020年1月に新しいチャレンジをしようと思っています。


これも、なかなか自分にGOサインを出せなかったプランです。私が、2019年に積み上げてきた全てを、皆様にお届けできる機会を設けます。


満月の明日、ブログでお知らせします☆

<ご予約・お問い合わせ>

メールフォームよりご希望の日時をご連絡ください。日時のご相談も可能です。お気軽にお問い合わせください。

inner temple

マインドフルネス、ボディーワーク、コーチングを通じて心と体を調和させ、あなたの奥で眠っている本来の美しさを引き出すお手伝いをいたします。

0コメント

  • 1000 / 1000